在留資格認定証明書

外国人が日本に入国する際には原則として査証(ビザ)が必要になりますが、査証の発給を受けるための申請は、原則、入国しようとする外国人自身が海外の日本大使館、領事館等において行われることとされており、この場合、外務省と法務省での事前協議、受け入れ機関の調査等、手間のかかる手続きが多いので非常に時間がかかります。

そこで一般的に利用されるのが在留資格認定証明書の制度です。

在留資格認定証明書とは、日本に入国し長期的に在留しようとする外国人について、その外国人の入国目的が入管法に定める在留資格に該当していることを、法務大臣があらかじめ認定したことを証明する文書です。

在留資格認定証明書の交付申請書は、日本国内の地方入国管理局において、外国人自身またはその代理人が行うことができます。
外国人自身は海外に居て、日本国内の受け入れ機関の職員や親族等からの代理申請が可能です。この文書を前もって準備することにより、手続きが迅速に進むことになります。

例えば、
・外国人を雇用し、日本に呼び就労させたい。
・海外にいる配偶者を日本に呼んで一緒に暮らしたい。
このような目的の際に利用されています。

申請から来日までの流れとしては、

外国人本人、日本国内の受け入れ機関、在日親族等が地方入国管理局に申請
・審査機関は1~3ヶ月。
・申請人の予定居住地又は受け入れ企業等の所在地を管轄する地方入国管理局に申請



在留資格認定証明書交付
注意!在留資格認定証明書の有効期間は3ヶ月です。
交付を受けてから3ヶ月以内に上陸の申請をしなければ無効となります。



海外にいる外国人本人の元へ送付



到達。外国人本人が在留資格認定証明書、必要書類を持って日本大使館、領事館等で査証の発給を受ける。
・審査期間1~2週間。在留資格認定証明書があることで事前に法務大臣において在留資格に該当しているかどうかの審査が完了していることが明白。すみやかに査証(ビザ)が発給される。
注意!在留資格認定証明書が交付されたからといって、必ずしも査証(ビザ)の発給が受けられるものではありません。在外公館において面接を行い、入国目的に疑義がある場合等、査証が発給されないこともあります。



来日


以上がおおまかな流れです。




渡部行政書士事務所では依頼者様に代わって申請書類の作成、提出を行います。
お問い合わせはこちら

TEL 0155-66-9863
 
受付時間/平日9時~18時 ※事前にご連絡頂ければ時間外対応可能です。